喪主の決め方と役割

喪主には、葬儀内容の取りまとめ、弔問客や僧侶への対応など重要な役割があります。
喪主を選ぶ際に最も重要になるのは、故人の遺言です。
遺言で喪主の指定があった場合は、その遺言に従って決めますが、指定がない場合は、

・故人の配偶者がなる
・故人の配偶者以外で、血縁関係の深さが深い者を選ぶ(長男、次男以降の直系男子、長女、次女以降の直系女子、故人の両親、故人の兄弟姉妹の順が一般的)
・配偶者や血縁者がいない場合、知人、友人、入所していた介護施設の代表者など

から喪主を決めます。務める本人の負担にならないように選ぶことが大切です。

喪主の役割は様々あり、葬儀に関する最終決定権を持ちます。その中でも

・葬儀全体の監督
・様々な場面での挨拶
・寺院への連絡
・葬儀会社への連絡

が重要な役割となります。

葬儀の際に知っておくべきことは沢山ありますが、それを挙げる側と参列する側では相違点が色々あります。
ただどちらにも対応できるように常日頃からこのことに関しては知っておく必要がありますが、昔は葬儀に関しては両親や祖父母が教えてくれることが殆どでした。
それによって色々と知ることができたのですが、核家族化が進むようになるとこのことに関して相談に乗ってくれる人が近くにおらず困ってしまうケースが出てきました。
しかし今ではインターネットが普及していて葬儀に関することについて色々と調べることができるので、知らないことを直ぐに確認できるようになりました。
何時葬儀に呼ばれるのか知る由もないので、何時でも行けるように日頃から香典のことや焼香の仕方などについて知っておく必要があります。
間違ったことをしてしまうと恥を掻いてしまう上に遺族の方に対しても失礼に当たるので、葬儀のことに関してはできるだけ多くのことを学ぶようにすることが大切です。

<PR> お家の見直ししま専科 / 健康マニアによる無病ライフ / 女性向けエステ.com / マッサージのリアル口コミ.com / 住宅リフォーム総合情報 / 英語上達の秘訣 / 超SEO対策 / SEOアクセスアップ相互リンク集 / 心の童話 / ショッピングカート / 初値予想 / 英語上達の秘訣 / 女性の人生 / JALカード / 家計見直しクラブ