時代に合ったお葬式

人が亡くなるとすぐに考えなくてはいけないのがお葬式の事です。ひと昔前は亡くなったら個人と親しい人や仕事の関係者、お世話になっている人などを呼んでお葬式をあげるのが当たり前でした。人と人とのつながりが希薄になってきている現代はお葬式を挙げない家庭も多くあります。葬儀を挙げず、親しい家族などだけで火葬を行う直葬や、親しい家族だけで小さな式を行う密葬などが増えています。昔はよく一般のお家で葬儀を挙げているのを見かけた物ですが、今はほぼ見る事はありません。家での葬儀は準備などもとても大変なため、自治体の葬儀場で挙げるのが一般的になっています。小さなお葬式は費用も手間も少なくて済み、残された人達の負担もかかりません。時代と共に式の形態もどんどん小規模になっています。自分が亡くなった後の事は必要最低限で良いと思っている人も多いでしょう。それぞれの生活や生き方に合ったお葬式を家族で話し合ってみるのも大切ですね。