望まれる葬儀の実現

葬儀についての情報は、インターネットが普及する前は、ほとんどの人にとって入手不可能でした。しかし、誰でも喪主になる可能性はあり、多くの人々がとりおこなうものです。葬儀は相当たいへんなものであったためか、村落共同体が機能しているところでは、共同体全体で協力し、とりおこなうこともあります。そうした地域に住んでいる場合や、若い世代で亡くなった場合などは、従来の方法通りで葬儀をするほうが良いでしょう。しかし、引退した人が亡くなった場合は、もっと自由な選択ができるようになることが望まれます。例えば、無宗教であるのに、宗教関係者を呼び、数十万円も支払うというのは、果たして必要なことかというのは、普段から考え、決めておいた方がいいでしょう。葬儀に直面し、葬儀社のセールスマンに誘導されても、必要ないと言い通せる喪主はあまりいません。周囲でよく話し合い、はっきりと決めておかない限り、漠然とそう感じているだけでは実行できません。