葬式に先立つ準備

葬式に先立っては、色々と準備すべきことがらがあります。まずは葬儀社にコンタクトをとることですが、突然の事態にそなえて24時間いつでも電話に出られるようにしている業者が多いため、葬式についてわからない点があったとしても、担当者に来てもらって、相談をするところからはじめるのが、よりまちがいのない方法といえます。病院で亡くなったようなケースでは、病院にそのまま遺体を安置しておくことはむずかしく、すみやかに引き取るようにと要請されるはずです。そのため、葬儀社には遺体の搬送についても依頼をするのがよいでしょう。自宅に遺体が帰ったあとも、安置するスペースがなければなりませんので、その確保も準備としてはたいせつといえます。葬式までの間には、弔意を示すために訪れる客も大勢いるうえ、枕飾りなどを置くことも必要となってきますので、スペース的に十分であることが求められます。さらに、実際に葬式をするときの喪主を誰にするのかを、この段階から決めておくと、以後のことがスムーズにすすみます。