葬儀費用と後期高齢者医療制度

葬儀を行うとなった場合、亡くなった人が高齢であり、後期高齢者医療制度に加入して被保険者となっているケースも多いものとみられます。このように、後期高齢者医療制度の被保険者が亡くなったのであれば、葬儀を行った人、すなわち喪主が申請をすることによって、葬祭費が支給されるという制度があるのです。葬儀の費用というのは、一般的にいって、かなり高額になってしまうものですので、こうした制度を利用して、すこしでも負担を少なくしておいたほうがよいでしょう。ただし、申請期間は、葬儀を行った日の翌日から数えて2年間となっていますので、忘れないようにすることがたいせつです。その申請についてですが、申請書を役所の窓口に提出するとともに、いくつか添付書類も用意しなければなりません。たとえば、会葬御礼はがき、あるいは葬儀社からの請求書や領収書といった証拠書類、亡くなった人の後期高齢者医療被保険者証、申請者の印鑑などが挙げられます。