葬式の主役はだれ?

葬式の生前予約をする中で、自分が理想とする形した式をみてみたいという方が多いと言います。
本当に故人にとってみれば、葬式には存在し、主役なのだけど、自分で確認することができないセレモニーです。

実は主役は故人だけではなく、参列者それぞれと故人との関係一つ一つです。
死を悼み、悲しみ、最後のお別れをするのが葬式です。
生前予約で故人の好きなような形、家族葬の小さな形、どんな形式であっても、参列者の哀悼の意こそ大切なのです。

華美だったり地味だったりと形式に決まりはなく、宗教関連から様々な縛りもあります。
古い時代から、故人を悼み悲しむための行事は行われ、それは同時に供養と言う形に変化していきます。

遺影で微笑む故人を偲びながら、改めて死を見つめる良い機会でもあります。
ときにはお礼を述べたり、悔し涙を流したり、ご苦労様と声をかけたり、葬式1つにしても参列者にとってみれば、それぞれ複雑な思いが入り混じります。

一方、遺族は、分刻みのスケジュールで追われます。
悲しみに暮れる間もなく、流れに沿ってあっという間に終了してしまうことが多いようです。