親族の葬式の精進落としで音頭をとる長所と短所

親族の葬式の精進落としで音頭をとると、拍手が巻き起こる、もっと続けてくれと言われるなどの長所が期待できます。音頭の際の発言内容が、参加者の気持ちを上手く刺激した内容だった場合は、参列者達から盛大な拍手が起こるはずです。その時は、困惑するかもしれませんが、笑顔で手を挙げて応えるといいです。もしかすると、スピーチが上手いと噂されるきっかけになるかもしれないです。また、巧みな発言だった際は、もっと続けてほしいという意見が飛び出すこともあります。同じような内容の話を続けて行うのは難しいので、丁重に断っておいたほうが無難です。
短所は葬式の時の話をすると反応に困る、話が長すぎると迷惑になるなどです。話の内容が葬式の席における出来事だった場合は、参列者達も反応に困ってしまいます。なので、できる限り聞きやすい話で済ませましょう。また、葬式が長かった時は皆疲れているので、長話をせず手短に終わらせるべきです。